ジョンマスターオーガニック トライアル

【スポンサーリンク】

data-ad-client="ca-pub-5793803458183471"
data-ad-slot="7619173567">


ジョンマスターオーガニック トライアル使ってみました。

ジョンマスターオーガニック トライアルを使ってみようと思ったキッカケは、
円形脱毛症になったことでした。

 

円形脱毛症を早く治すために、胸の下まであった髪をバッサリとショートに切り、
髪にいいシャンプーだけではなく、地肌にも良いというシャンプー剤を探しまくっているときに
ジョンマスターのお試しをみつけたのです。。

 

自分に合うかどうかわからないので、まずはトライアルを注文しました。

 

ノンシリコンシャンプーなので、洗った後は、地肌の油分がとれた感じがわかり、
髪の根本もスッキリします。
肌が弱い方なので、カユミもまったくなく、頭を洗った手も荒れなくなって驚いています。

 

また、髪が根本から立ち、ふんわりボリュームもでるので、
今まで根本からペタンとしていた私にとって嬉しすぎる変化でした。

 

主人も一緒に使っていますが、使う前は、
夕方になると男性特有の髪が束に割れるベトつきがあったのに、ジョンマスターを使ってから、
ベトつきや束割れがなくなりました。

 

私も主人も、最近、ちょっときになりだしていた「頭皮のニオイ」もきにならなくなりました。
油分がしっかりとれているからなのでしょうね。

 

ジョンマスタートライアル

 

ということで、
私はそれからずっと、ジョンマスターオーガニックのシャンプー・コンディショナーはもちろんのこと
ボディミルク・ヘアミスト・ヘアワックス・リップなど、
好きな香りで用途別に使い分けて愛用しています。

 

写真をみての通り、少しでもコストを安くしたくてビックボトルで節約しています(笑)

 

なので、まずは、
ジョンマスターオーガニックのトライアルセットで自分に合うかどうか試すのが良いと思います。

エコサート認証とは?

エコサートとは何か調べてみました。

 

フランスにあるオーガニック認定機関のことで、数多くの有機農業者を認定し管理するほかに、
有機農家から出荷された有機作物を加工する業者にも関与するのだそう。

 

この機関に関与している業者は、有機農家などの生産者で7000件以上、有機作物を加工、
オーガニック製品として扱う企業が参加しています。

 

また、ヨーロッパ各国を中心として世界85 カ国以上の国で機能しています。

 

食品やコスメなどの原料となる作物、また、
コットン等の日用品に使用する材料などの様々なジャンルにおいて認定基準を設けています。

 

それらの有機作物がオーガニック認定されるには、
土壌検査、栽培中の化学製品の不使用、収穫時の管理体制などのチェックがされ、
基準を満たしたものだけが認定されます。

 

有機認定をする審査員たちは、設定された基準以外にも様々な点で審査しています。
たとえ基準を満たしていても、
その業者に信頼の欠ける部分が少しでもあればオーガニック認定をすることはありません

 

その独立性や、中立の立場を揺るぎ無いものとしていることからも、オーガニックコスメ認証機関として、
エコサートの信頼性は評価されているのです。

 

ということで、
エコサート認証は消費者の私たちへ安心できるもの厳しく徹底する品質の高いものだけを取り扱う機関とも言えますね。

 

原料へ徹底的にこだわり、
エコサート認証のオーガニック成分を使用したジョンマスターオーガニックは、
環境に対して敬意を払いながら、
原料を生産・収穫している世界の農家とパートナーを組んでいるという徹底ぶりは信頼がおけますね。

 

自然収穫された原料、冷却圧縮法や水蒸気蒸留法で抽出されたエキスを使い、
石油やカーボンベースの製品を一切使用しないことで、髪や肌にナチュラルな製品を作っています。

 

また、すべての原料は、
USDA(米農務省)に認可されているフランスを拠点とするエコサートも認証を取得しており、
厳しい基準をクリアしたものだけを使用。

ジョンマスターオーガニックとは?

便利で安いという理由で合成化学物質が使われたものが非常に多い中、
毎日有害な化学薬品を吸ったり触ったりすることでおこる、
深刻な健康へのリスクを認識して開発されました。

 

毒素フリーなシャンプー、コンディショナー、スタイリング剤など、
現在、世界中で支持されているアイテムです。

 

またCO2削減を図るため、ニューヨークのサロンでは、100%風力エネルギーを利用したり、

 

1.地球温暖化を止める
2.大量破壊兵器を排除する
3.きれいな水を得ることができない20億4千万人の人々に、清潔で安全な飲料水を供給する。

 

という、人類が直面している3つの大きな環境問題の課題にも挑む
活動をしている「人と地球」にできることを考えてくれています。

【スポンサーリンク】